EnglishРусскийEspanolChineseJapaneseItalian
Prof. Vladimir Khavinson
「ペプチド的なバイオレギュレーターは、将来の医学である。」

履歴書

  • 姓:
    ハヴィンソン
  • 名:
    ヴラディーミル
  • 住所:
    サンクト・ペテルブルグのバイオレギュレーション・老年学研究所 197110ロシア連邦サンクト・ペテルブルグ市ディナーモ大通り3号
    電話番号/ファックス: +7(812) 230-00-49
    +7(812) 235-18-32
    Eメール: khavinson@gerontology.ru
  • 生年月日:
    1946年(昭和21年)11月27日
  • 出生地:
    ドイツ、コトブス市
  • 教育又は学位:
    1971年、キロヴ記念軍医大学(レニングラード);
    1978年、医学博士候補;
    1987年、医学博士;
    1990年、教授;
    1996年、ロシア自然科学アカデミーの会員;
    2000年、ロシア医学アカデミーの会員;
    2011年、ウクライナ国立医学アカデミーの会員。
  • 職歴:

    1971-1977年、ソ連邦防衛省の軍下位区分にて医者;

    1977-1988年、研究者、キロヴ記念軍医大学(レニングラード);

    1988-1993年、キロヴ記念軍医大学(レニングラード)のバイオレギュレータ科学的研究室長;

    1992年−現在、ロシア医学アカデミー西北部のサンクト・ペテルブルグのバイオレギュレーション・老年学研究所長;

    1998-2001年、ロシア連邦保健・社会開発省の先行医学的技術医療研究センター次長(サンクト・ペテルブルグ);

    2001年−現在、第14.01.30専門:老年学・老年医学(医学又は生物学的な科学)の博士(博士候補)学位請求のため、学位論文の説明を聞く第Д 601.001.01組の学位論文会議長;

    2002-2005年、教授、ロシア連邦保健・社会開発省のサンクト・ペテルブルグ医学大学院アカデミー老年学・老年医学部長;

    2006-2013年、ロシア連邦教育・科学省最高資格審査委員会の専門家会議の委員;

    2007年−現在、サンクト・ペテルブルグ市保健委員会にて老年学又は老年医学の主な専門家;

    2007年ー現在、主な研究者、ロシア科学アカデミーのイワン・ペトローヴィチ・パブロフ記念生理学研究所にて研究集団指導者(サンクト・ペテルブルグ);

    2007-2011年、国際老年学・老年医学教会の生物学部長(欧州地方部);

    2011年ー現在、国際老年学・老年医学教会長(欧州地方部);

    2011年ー現在、ロシア連邦保健・社会開発省のイリヤ・イリイチ・メチニコフ記念西北医学国立大学老年学・老年医学部長(サンクト・ペテルブルグ);

    2012年−現在、レニングラード州保健委員会にて老年学又は老年医学の主な専門家;

    2015年、ロシア連邦大統領上ロシア国民経済・官職アカデミーの西北経営研究所の研究室長。

  • 軍隊の階級:
    医療軍務の大佐(退職)。
  • 博士又は候補者の学位請求候補の指導:
    (博士は17人、候補者は47人)。
  • 会員:
    • ロシア科学アカデミーの老年学会、次長(1994年−現在);
    • イタリア経済学・社会的な科学アカデミー(1996年−現在);
    • アメリカ老年学会(1996年−現在);
    • ロシア連邦社会院の専門家会議(2006−2010年);
    • 国際老年学・老年医学教会、欧州地方部、会長(2011年−現在)。
  • 名誉称号又は賞:
    • 名誉称号:「ロシア連邦名誉発明者」、1988年。
    • 新しくて、高性能的で、ペプチド的なバイオレギュレーターを保健又は獣医学に開発・実現したため、「ソ連邦閣僚会議の賞金」、1990年。
    • ロシア科学アカデミー賞金、1991。
    • 優れた研究者向けのロシア科学アカデミー奨学金、1994年、1997年。
    • ノーベル賞受賞者、ピョートル・カピッツァ記念メダル:「科学的発見の発明者へ」、1996年。
    • ウクライナ国立医学アカデミー賞金、2003年。
    • 予防又は社会的な医学にて優れた成績を得たため、パウル・エールリヒ記念銀メダル、欧州自然科学アカデミー、2006年。
    • 経済フォラムで紹介した最上のプロジェクトにロシア連邦国家院の賞状、2007年。
    • 名誉称号:「ロシア連邦名誉科学者」、2008年。
    • ウクライナ国立科学アカデミー賞金、2010年。
  • 研究活動の方向:

    老化防止医学テクノロジー;ペプチド的なバイオレギュレーターの新しい類(ツィートメディン、ツィータミン、ツィートゲン)の開発、実験又は治験。.

    サプリメントの様子があり、ロシア連邦保健・社会開発省が使用を許可した40のペプチド的なバイオレギュレーターの発明者。

  • 以下の雑誌の編集委員会の会員:
    • 『老年学の実績』(サンクト・ペテルブルク);
    • 『実験的な生物学又は医学の通報』(モスクワ);
    • 臨床の老年学』(モスクワ);
    • 『サイトカインと炎症』(サンクト・ペテルブルク);
    • «Geronto-Geriatric»(メキシコ)
    • 『ロシア科学アカデミー老年学会の通報』(サンクト・ペテルブルク);
    • 『医学的な学術雑誌』(サンクト・ペテルブルク);
    • Neuroendocrinology Letters (ストックホルム)、名誉編集者。
  • 出版:
    800科学的な出版物以上の著者、その中には30モノグラフ;205特許又は発明(生物工学、免疫学、生化学、薬物学、腫瘍学、老年学についての外国向けの90出版物も含む)。
  • 婚姻の状況:/div>
    既婚、子供が一人。

ヴラディーミル・ハツケレヴィチ・ハヴィンソンは1946年(昭和21年にコトブス市(ドイツ)、士官の家族で生まれた。第六号ミンスク普通教育学校の5つの学年を卒業した後、1959年にミンスク市スヴォーロフ陸軍幼年学校に入学し、それを1965年に成績優秀者として金メダルを得て、卒業した。1964年にハヴィンソンはミンスクのボクシング優勝者になり、1965年にベラルーシの陸上競技に優勝者の資格を獲得した。1965年にキロヴ記念軍医大学(レニングラード)に入学、それを卒業した後、1971年に軍医の卒業証書を貰った。

1971年から1977年まで、ザバイカル軍管区とレニングラード軍管区に軍隊で訓練していた。1977年に、彼をキロヴ記念軍医大学では最上級分科主任医師の職に任命した。1978年、彼は候補資格論文を発表、1978博士論文を研究的な報告書の様子で発表した。1982年にハヴィンソンは大学の下級研究者になり、1985に上級研究者になった。1988年に、彼はバイオレギュレーター科学的研究室の指導を受けた。1989年にツィートメド国立医・生物学的・科学的生産総合組合を創立、それを社長として1992年まで指導していた。ハヴィンソン教授は退職している医療軍務の大佐、ロシア連邦軍の老兵(1993年以降)である。

1992年にハヴィンソン教授はバイオレギュレーション・老年学研究所を創立した。それ以降、彼はその科学的機関の社長である。2001年にサンクト・ペテルブルグのバイオレギュレーション・老年学研究所はロシア医学アカデミー西北部の一部を構成した。

1988年にハヴィンソン教授は名誉称号:「ロシア連邦名誉発明者」を受賞した。1990年に、彼は、「新しくて、高性能的で、ペプチド的なバイオレギュレーターを保健又は獣医学に開発・実現したことで」ソ連邦閣僚会議の賞金を与えられた。1991年にハヴィンソン教授や共著者にコンスタンティン・ミハイロヴィチ・ブイコヴ記念ソ連邦科学アカデミー賞金を授けた。1994年と1997年にロシア科学アカデミー長はハヴィンソンに優れた科学者向けの国家奨学金を与えた。

1994年にハヴィンソンはロシア科学アカデミー老年学会長として選び出された。1996年に、彼はイタリア経済学・社会的な科学アカデミー又はロシア自然科学アカデミーの会員として選び出された。

1996年にハヴィンソン教授はノーベル賞受賞者、ピョートル・カピッツァ記念メダル:「科学的発見の発明者へ」を受け、2003年にウクライナ国立医学アカデミー賞金の受賞者になり、2006年に「予防又は社会的な医学にて優れた成績を得たことで」、欧州自然科学アカデミーで与えられるパウル・エールリヒ記念銀メダルを受け、2007年に経済フォラムで紹介した最上のプロジェクトにロシア連邦国家院の賞状、2008年に「ロシア連邦の名誉発明者」という名誉称号を与えられ。2010年に彼はウクライナ国立科学アカデミー賞金を授与された。

2000年にハヴィンソン教授はロシア医学アカデミーの「老年学・老年医学専門」で準会員として選ばれた(ロシア医学アカデミー西北部にて)。2003年に、彼はロシア医学アカデミー西北部の幹部会の会員になった。2000年から2004年まで、彼はロシア連邦保健・社会開発省のサンクト・ペテルブルグ医学大学院アカデミー老年学・老年医学部の教授として勤めていた。2007年にサンクト・ペテルブルグ市保健委員会にて老年学又は老年医学の主な専門家として任命された。2007年以降、イワン・ペトローヴィチ・パブロフ記念生理学研究所にて主な研究者、ペプチド的な老化調節の指導者になっている。

ハヴィンソン教授が800以上の出版物の著者で、その中には30モノグラフ(2つのモノグラフはスウェーデンとスイスで発行)、205は老年学、生物工学、免疫学分野の特許又は発明(米国、カナダ、スイス、オーストラリア、日本又は欧州国での90国際特許を含めて)がある。彼の指導で、博士又は候補者の学位請求候補を向け、64論文が作成、発表された。

2000年にハヴィンソン教授は発揮人として進出し、第14.01.30号:「老年学・老年医学」(医学的・生物的な科学)という新しい専門を「専門リスト」へ導入するため、ロシア連邦教育・科学省最高資格審査委員会の専門家会議の組織仕事を指導した。2001年に、最高資格審査委員会の法令に基づいて、学位論文の説明を聞く学位論文会議(第Д 601.001.01組)を創立された。2006年にハヴィンソン教授は医学範囲でロシア連邦教育・科学省最高資格審査委員会の専門家会議に参加させた。

ハヴィンソンは以下の様々な雑誌の編集委員会の会員:『老年学の実績』(サンクト・ペテルブルク)、『実験的な生物学又は医学の通報』(モスクワ)、『臨床の老年学』(モスクワ)、『サイトカインと炎症』(サンクト・ペテルブルク)、"Geronto-Geriatric"(メキシコ)、『ロシア科学アカデミー老年学会の通報』(サンクト・ペテルブルク)、『医学的な学術雑誌』(サンクト・ペテルブルク)、"Neuroendocrinology Letters"(ストックホルム)。

2007年にハヴィンソン教授は国際老年学・老年医学教会欧州地方部の生物学部長として選び出された。

2011年にハヴィンソンは国際老年学・老年医学教会欧州地方部長として選び出された。